2012/12/21 日本地区初期目標額達成

エリミネイト・プロジェクトAdeline Chan副委員長コメント

親愛なるアジア太平洋地域の皆さん

ここにエリミネイト・キャンペーンの最新状況をお送りします。多くの嬉しいニュースがあります。

  • 日本地区の皆さんおめでとうございます。日本地区は(募金額が)世界で最初に初期目標値を超えました。日本地区はプレッジを含め会員一人当たり474米ドル以上を募金しました。
  • 以下の地区が見事な成果を上げました。
    • 日本、豪州、マレーシア・・・会員一人当たり募金額で世界最高位達成
    • 台湾・・・最多のゼラー賞獲得
    • 豪州・・・モデル・クラブ数で世界第5位入り
  • 2013年1月16日にWorldwide Report Day(各地区のコーディネーターが1人づつ国際委員長に電話報告をする日)が行なわれます。詳しくは国際キワニスホームページのWorldwide Report Day のページをご覧下さい。(当日は実況が聴けるはずです)。
  • キャンペーンの行事予定は以下をご覧下さい。

それでは皆さん良いお年を!エリミネイト活動のために心新たに優しい心を持って2013年を迎えましょう。

アディ(Adeline Chan) より

エリミネイト・プロジェクトRandy DeLay委員長ニュースレター
“Campaign Connection”より抜粋

日本地区初期目標額達成

エリミネイト・プロジェクトは重要な指標に到達しました。日本地区が地区の中で初めて初期目標額を達成したのです!これは祝福に値します。

日本地区は実際の寄付と約束寄付を合わせて797,807米ドルを調達し、初期目標額を14,000米ドル上回りました。これにより、日本地区は会員一人当たり平均474米ドルを超過し、443,000人の母親とその将来の赤ちゃんを救ったことになります。

日本地区がこの偉業を成し遂げたのは、モデル・クラブに重点を置いたおかげです。これまでに地区内の45%のクラブがモデル・クラブ宣言をしました。日本地区はまたクラブ・コーディネーターを100%任命済みです。このクラブ・コーディネーターの方々がモデル・クラブの推進を支援してくれました。日本地区の例は、コーディネーターの任命や、モデル・クラブ、熱意が、人命を救うことの良い見本です。

会員一人当たりの寄付額の多い地区:
  1.  日本-482.93米ドル
  2.  西部カナダ-432.93ドル
  3.  オーストラリア-287.18ドル
  4.  マレーシア-220.56ドル
  5.  南西-179.64ドル